スポンサーリンク

 

大多数が必ず経験するのがお金の悩み

 

現代の不況は加速しつつあり、老後の資金問題も浮上してきています。

 

テレビのニュースでも年金や増税関連は取り上げられるようになり、危機感を持ち始める人も増えてきたのではないでしょうか?

 

 

お金の不安や心配を解消する手段はいくつかありますが、

最もオーソドックスな方法は

「貯金」だと思います。

 

 

今回は、お金を貯めよう!と心機一転心に誓った人たちに1つのアドバイスをしておきます。

 

 

結論としては

お金を貯めたいなら、現在の「収入−支出」の把握が必須!

という事です。

 

 

このポイントを押さえておくだけで、

無理な貯金額を設定したりすることなく、スムーズに不要な支出を減らしながら貯蓄を増やしていくことができるしょう。

 

 

ぜひ1つの参考にしてみてください。

 

 

「収入−支出」の残りが貯金に当てられる

 

どうやったらお金が貯まるのか。

 

みなさんが四苦八苦している方法について議論する前に

お金が貯まる仕組みを今一度おさらいしておきましょう。

 

 

収入(懐に入ってくるお金)から

支出(外へ出て行くお金)を差し引いたものが手元に残るお金になります。

 

 

貯蓄や運用資産というものは基本的にここから生まれます。

 

 

何を当たり前のことを言っているんだと思うでしょうが、

この至極当然の仕組みが頭に入っているのといないのとでは、「計画的な貯金」に関して雲泥の差が表れるのです。

 

 

貯蓄を増やすには「収入」か「支出」の対策が必要

 

 

先ほどの仕組みが理解できれば、

貯蓄を増やす方法も簡単に捉えれます。

 

 

収入を増やすか、支出を減らすことで手元に残るお金は増えるのですから。

 

収入を増やす例

転職・キャリアアップで給料up

副業(アルバイト、メルカリ、趣味の商業化など)で収入経路を増やす

 

 

支出を減らす例
節約

 

 

ししとう
支出対策の例が適当すぎやしないか…?

 

 

ローリー君

一番わかりやすく、どんな人にも馴染みがあるからセーフセーフ。

ミニマリストはいい例だろう。
生活の質は保ちつつ、モノを減らし
支出の「機会」を減らす節約だからね。

まあ本人たちは節約というより
自分の生き方を表現しているんだけど、結果的に節約効果もありそうだ。

 

 

 

貯金が上手くいかない人の共通点は「自分のお金の流れを知らない」こと

 

そもそも、貯金をしようと思ったことのある人の方がほとんどだと思います。

 

そして、貯金が上手くいかず挫折してしまった人もまた多いはずです。

 

 

 

貯金を成功させるコツは、ネット上に色々と紹介されていますが

なぜ、そのようなノウハウを駆使しても上手く行かない人が多いのでしょうか?

 

 

 

実はお金が貯まらない人たちにはある共通点があります。

前述した「収入−支出」

つまり自身のお金の流れを把握出来ていないのです。

 

海外セレブはなぜ破産する人が多い?

 

 

海外セレブが破産したというニュースをよく聞きますが、

とんでもない収入を得ているはずの彼らが、なぜ破産してしまうのでしょうか?

 

 

答えは難しくありません。

 

収入よりも支出の方が増えてしまうからです。

 

 

収入が増えるに伴い、生活水準が上がってしまい

何らかの理由で収入がストップしたり、もしくは支出が収入を上回ってしまう事が原因です。

 

 

そしてそのような海外セレブは、

自身のお金の状況について知らない人がほとんどなのです。

 

秘書や税理士に金銭管理を全て一任して、自分は好きなだけ使う。

このような生活習慣の人が多いと言われています。

 

 

つまり、いくら収入が増えたとしても

自身のお金の流れを把握して、生活をコントロールできないといけないという事なのです。

 

 

 

貯金をしようと考えている人は

まず、自分がどの程度収入があり、そしてどの面での支出が多いのかなどを把握してみてください。

 

すると、

「いくら収入を増やせばどれくらいの貯金ができるか」

「必要のない無駄な支出はどこか」など

自身が何に対して行動すればいいかが具体的になると思います。

 

 

ぜひ、貯金しようと考えている人や

上手くいかず挫折してしまう人は参考にしていただければと思います。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事