スポンサーリンク

f:id:sisitohdc:20190210211026p:image

セラピストとして働いている中で、様々な理由から、今の職場を辞めて転職したいと考える事は少なくないと思います。

他の職業ではなく、作業療法士や理学療法士などセラピストとして続けていきたいという方も多いでしょう。

しかし、転職するにあたって、

求人・企業を探す

転職時期の考慮

試験や面接対策

などを、働きながら進めていく事は中々大変です。

そのような煩わしさから、転職を諦めてしまう方もいるのではないでしょうか?

今回は、そのような不手際なくスムーズに転職を進めていくにあたって、転職サイトの利用が有用であることについてご紹介します。

f:id:sisitohdc:20190210182832p:image

転職サイトを利用することで、

一般公開していない、給与・休日面など高待遇の求人が見つかる。

エージェントを介して、企業側に詳細な求人情報を聞くことが出来るため、働きはじめてからのギャップが少ない。

現状の仕事が忙しい場合は、面接対策なども行なってくれる事がある。

OT、PTが転職サイトを利用するメリット

求人数の多さが一番の魅力

どの職種にも言える事ですが、転職サイトのメリットとして、数多くの求人を閲覧できる事が挙げられます。

ハローワークや、企業ホームページから求人を探すのは労力が大きく、働きながらでは中々良い案件を見つける事が出来ません

転職サイトでは、まとまった求人を一度に閲覧する事はもちろん、待遇面や勤務地などのカテゴリで検索をする事が出来ます。

そのため、効率よく自分が必要としている求人を探す事が出来ると言えます。

高待遇の非公開求人も紹介している

転職サイトに登録すると、一般には公開されていない、非公開求人も多数紹介されています。

基本的には、自分で探す事の出来る求人情報は全体の約20%と言われています。

つまり、非公開求人は約80%

これだけの割合の求人を把握出来ないままに、自分の力だけで転職を行う事は、選択肢を狭めてしまいます。

求人を非公開にする理由としては色々ですが、

人気の高い企業は、公開求人にすると応募者が一度に集まってしまい、じっくりと選考出来ない事を防ぐためと、一般的に言われています。

つまり、非公開求人には人気の高い、いわゆる「高待遇」企業が多いと言えるのです。

転職するにあたり、待遇面は最も慎重に選んでいく必要がある部分ですよね?

転職を失敗しないために、情報量や選択肢の幅を広げる事が重要です。

転職エージェントに、求人の詳細を聞いてもらえる

求人情報に載っていない事で気になる事って沢山ありますよね?

特に作業療法士や理学療法士は、領域によって勤務内容や待遇も違います

「実際に転職してみたら、思っていた職場と違った…」

なんて事にならないために、なるべく詳細な情報を集めておく事が大切です。

普通は、実際に職場に見学に行って

雰囲気を感じたり、気になる事を質問したりするのが一般的でしょう。

しかし、就活中の学生時代ならまだしも、

働きながらでは時間を作る事も大変で、何社も見学に行くことは難しいです。

また、あまり込み入った残業代の話などを聞くと、印象が良くないと感じる人もいるため、見学中に直接質問しにくい場合もあるでしょう。

しかし転職サイトでは、仲介役のエージェントがいます。

基本的には担当のエージェントが関わってくれる事が多いので、

求人情報にない部分で気になる事(有給消化率や残業代など)を、エージェントに依頼する事で、自分の代わりに企業側に聞いてくれます

自分が出向く事なく、詳細な情報を得る事が出来るのです。

そのため、本当に自身が探している職場に絞って見学に行く事が出来ます。

面接日程調整など転職までがスムーズに進める

現在の仕事を続けながら、転職先を探している人が多いと思いますが、

前述したように、中々時間を作る事は難しいもの。

  • 求人情報の収集
  • 見学や面接日程の調整
  • 履歴書の作成
  • 面接対策

自分1人でこれら全てを行うのは、かなりの労力。

転職サイトでは、それらのサポートを全て無料で受けるが出来ます。

求人情報だけでなく、

条件交渉や面接の日程調整

履歴書添削や面接対策などの転職対策

などまで行なってくれます。

そのため、負担なく自分が探している職場に転職する事が可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、自身の選択肢を増やすために、転職サイトを利用するべき理由をご紹介しました。

作業療法士や理学療法士は、スキルアップや活躍したい領域が見つかったなど、自身のために転職する事も多いでしょう。

そのため、出来るだけ多くの情報量を持った上で、自身が納得する企業で働いていただければと思います。

こちらの記事もどうぞ

スポンサーリンク
おすすめの記事