スポンサーリンク

作業療法士として働いていると、

仕事をやめたい…
働くのが辛い…

 

と思っている方も多いのではないでしょうか。

 

しかし、そうは思っていても

今後のことや家庭のことなど

現状を考えると、なにも出来ない日々が続いてしまうのが普通です。

 

 

今回は、現状以外の選択肢が実はたくさんあるということを知ってもらえたらと思います。

 

この記事のポイント

僕は作業療法士をやめたい一人。向いてないし、将来性が無いと感じるから

・一つの仕事で完結する人生は古い。寿命が伸びて働く時間も増えるから、仕事を変えるのは当たり前になる。

仕事をやめるのは、人生においてそこまで大したことじゃ無い。

 

 

やめたいと考えている人は二つのタイプがある

 

作業療法士が仕事をやめたいと考える時

大きく二つのパターンに分かれます。

 

今の職場をやめたい人

 

仕事にストレスや不満を感じている方は、

「今働いている職場」をやめたいタイプが多いです。

 

残業が多い、給料が低いなど待遇面の不満

上司や同僚との人間関係のストレス

領域や分野が合わない

身体的にキツイ(介助など)

 

この辺りの理由が一般的ですね。

 

職場を変えることで、比較的悩みが改善しやすい側面があります。

 

とは言っても、冒頭で述べたように

「現状が悪くなる心配があるため、続けるしかない」

という思いに悩まされることが多いので、我慢し続けている方も少なくありません。

 

 

この悩みに関しては、後述する内容を見れば

少し気持ち的に楽になるかもしれません。

 

簡単に言っておくと

・仕事をやめるのは別に大した事じゃない/OTは次の仕事に就ける安心感も強い

です。

 

作業療法士という職業をやめたい人

 

もう一つは、

「作業療法士自体」をやめたいと考えている人たちです。

 

やりがいを感じれない 自分に向いていないと感じる

人との関わりに負担を感じる

他にやりたい仕事がある

 

作業療法士として働き続けることへの不安や

他の仕事への興味・関心がある場合が多いです。

 

 

こちらの場合も、転職などで環境を変えることで

悩みが解消される場合も多いです。

 

ただし、職業を変える方が

リスク・労力ともに大きいことは想像に容易くありません。

 

 

OTという資格を持っている以上

OTとして働くことの有利性は高いのです。

 

 

僕も作業療法士をやめたい一人

 

ちなみに僕も今の仕事を辞めたい一人です。

 

先程二つのタイプがあると話しましたが、

僕は両者とも当てはまります。

 

 

現在の僕の職歴としては

4年目の回復期病院、役職なし、年収300万程度です。

 

 

辞めたい理由を大きく分けると

・体が持たない

・給料が思うように伸びない

・職場に通いたくない

 

子供の頃から体力がなく、体が資本のOTは実際働いてみるとキツイなあと感じました。(PTは更にきつそう)

 

現在の職場は、年功序列方式の役職配置なので、今後当分は変化を感じれるほどの給与UPは無いでしょう。

 

職場に通いたくないとか、仕事自体向いていない気がしますが、しかしこれが本音です(笑)

 

 

休みや職場の同僚などの環境は恵まれており、

ライフワークのバランスも比較的満足しています。

 

 

しかしこれから先、長期的な目で見た時、

OTという仕事をずっと続けていく自信が僕にはありませんでした。

 

 

スポンサーリンク

働き方の根本が変わる(転職なんて当たり前の時代になる)

 

個人的には、これからの時代を考えると

仕事をやめることがそれほど重要で悲観的なものでは無くなると思っています。

 

ここからは、人々の働き方の変化を解説していきます。

 

 

一つの仕事をやりきるには寿命が長すぎる

 

年々、人間の平均寿命が伸びていることはご存知だと思います。

 

今の高齢者たちはとても元気ですよね。

 

 

医療の進歩など様々な理由がありますが、

平均寿命は年々右肩上がりに伸びており、

その勢いは現在も止まっていません。

 

 

何が言いたいのかというと、

 

 

僕たちは

「今の高齢者よりも、長く健康な人生が待っている」

ということです。

 

 

詳しい理由は今回省略しますが、

人生が長くなると、働く期間も長くなります。

 

 

今仕事を引退している世代の人たちは、

学校などの教育期間で得たスキルが、仕事を引退するまで活用できていました。

 

一つの事を突き詰める職業が多かったことや、そもそも働く期間が僕たちより短いこと(60〜65で定年)が関係しています。

 

そして、引退してからの残りの人生(20年ほど)は貯蓄と年金によって暮らしを営んでいます。

 

 

では現役で仕事をしている世代や、これから働くことになる世代の人たちはどうでしょう。

 

ITの急激な成長によって、無くなっていく職業や、逆に新しく活躍する職業の出現など、働くことに関してめまぐるしいほどの変化が訪れるようになります。

 

 

教育期間の間に培ったスキルは、

・働く期間が長くなること(定年時期が伸びていく)

・時代が変化していく、仕事が移りかわること

によって、いずれ風化してしまいます。

 

 

つまり、仕事を引退するまでを一つのスキルでやりきるというのはかなり難しい時代になってくるのです。

 

 

人々は、時代に追いつくため自己投資や転職を経験する

 

一つのスキルで生きていけれないことを知らないと、

いずれ仕事を失ってしまう、もしくは老後などに充実した生活を送ることが難しくなります。

 

ではそうならないように何をするのでしょうか。

 

 

答えはさほど難しくありません。

・スキルの更新、習得
・仕事を変えていく

 

基本的にはこの二つの行動を行う人が増えるでしょう。

 

時代の流れに置いていかれないように、自己投資や新しいことへのチャレンジが重要視されるようになります。

 

 

仕事をやめることに不安がある方へ一言。

 

近いうちに退職や転職が珍しくなくなりますよ。

 

というか、もうすでに副業や転職はポピュラーなものになってきていますしね。

 

それがさらに当たり前で、なおかつポジティブな選択となります。

 

 

なので、これからの時代において

「仕事をやめることは、人生の中でさほど躊躇する出来事ではありません。」

 

 

働くことの選択肢は増えているから少し安心して欲しい

 

働き続けること、やめて仕事を変えることのどちらにも不安がある方は年々増えてきています。

 

そのような方達の不安が少しでも軽くなれば幸いです。

 

 

ちなみに、

「働く」ということに関して選択肢自体も増えています。

 

 

働きながら副業(ブログ、株、アルバイトなど)も出来ますし、

趣味をお金にすること(YouTube、ココナラなど)も出来るでしょう。

 

 

必ずしも、今の仕事を変える必要があるわけではありません。

 

色々なことにチャレンジしてみて、どういう選択がよいのかを考えていくことをおすすめします。

 

 

偉そうに語りましたが、

僕は今の仕事をすぐにやめるのが怖かったので、副業をしてみようと考えました。

 

副業禁止だったので雑所得の扱いになるブログをはじめました。

その途中でYouTubeも。

 

 

 

現在(副業開始から9ヶ月)は本業以外の収入が、10万を越えようとしています。

 

 

目標としては、一年半後に、

今の仕事の給料の二倍ほど稼げるようになれば退職しようと思っています。

 

 

正直副業も転職のどちらがいいかは僕には判断出来ません。

しかしどちらも決して、これからの人生においてマイナスになることは無いと思っています。

 

 

この記事がこれからの働き方について参考になればと思います。

 

 

 

転職を考えている方におすすめのサイトはこちら






副業を考えている方におすすめのサイトはこちら






スポンサーリンク
おすすめの記事