ししとうブログ

作業療法士が仕事×カフェ×ブログの事を書いてます。

【年収公開!】現役3年目作業療法士の給料は安い?将来性は?

f:id:sisitohdc:20190201202158p:image

現在作業療法士の平均年収は、400万円程度と言われています。

ですが、あくまで“平均”年収な訳であって、

実際の年収は中々調べてもわからないもの。

 

今回は、そんな方に、

現役3年目になる病院勤務の作業療法士が、自分の年収を公開致します

もちろん、必要以上の詳細は情報管理上伏せる部分もありますが、出来る限り、作業療法士の実際をお伝えしようと思います。

 

作業療法士を目指している方、

将来性に不安を感じている方などは、1つの意見として参考にしてみてください。

 

f:id:sisitohdc:20190201185032p:image

・地方勤務の3年目作業療法士の年収は、337万円!
・昇給は微量、能力評価もされにくく、頑張りで給料が上がる事は少ない。

・将来性に不安を感じる若いセラピストが多く、転職していく事もよくある話。

 

目次

 

3年目作業療法士の年収は337万円!

端数は割愛しますが、年収についての内訳は以下の通り。

支払い金額:3370,000

控除合計額:  890,000

控除後金額:2170,000

 

保険料等々の控除があって、手元に実際くるのが217万円という認識でOKです。

控除されすぎやろ……(憤慨)

 

僕の勤務環境としては、

・地方の回復期病院

・作業療法士の人数は約40人

・現在3年目

・ボーナス支給あり(年2回)

といった状況になります。

比較的、所属する作業療法士の数は多い組織になるかと思います。

 

一応、一年ごとに昇給はしてます。

まあ数千円程度なので、入社当時から大きな変化は感じれていません。

 

この年収で実際どうなの?

自分1人生きていくには十分

ぶっちゃけ、今現在の年収があれば、

1人で生活するには事足りています。もちろんそれなりに好きな事をしても大丈夫な程度。

 

家族を養うには厳しい

僕はまだ、良縁に恵まれず独身でございます。

(おかしいなあ…)

そのため僕自身が感じるところではありませんが、職場の先輩方は、

自分1人で家族を養うのは無理だ!

と清々しく教えてくれます。

 

確かに、OTに限らず職場内で結婚しているセラピスト達は、共働きの家庭がほとんどです。

リハビリ同士の夫婦は、産休後間もない内に、奥様の方も時短で復帰されています。

 

将来性に不安を覚える

僕も現在は、特に不便がある訳でもなく過ごせていますが、今後の人生を考えると金銭的な不安を感じる事もあります。

 

高齢化社会に向けて、作業療法士という仕事自体の需要はある程度保たれると思っています。

そのため、資格さえあれば食いっぱぐれの無い職業ではあります。

 

ただ先述したように、家庭を持つ事を考えると、中々明るい未来は想像出来ません。

 

給与に不満を感じる人は多い

20代で転職する人が多い

僕の勤め先では、大体4年働いて他の職場に転職する方が多いです。

 

なんで4年なの?と聞かれる方には、

退職金が出るようになるから」

という素敵な答えをプレゼントします(笑)

 

2〜3年目で、将来性の危うさを感じる。

4年働いて、退職金が貰えるタイミングで転職する。

このパターンが割と多いです。

そのため20代のセラピストの離職率が高いです。

 

将来性の危うさとは具体的になんなのか?

という点について紹介していきます。

昇給が一律化している

ものすごい昇給率だったら、一律固定している方がありがたいんですが…(笑)

 

昇給が固定というのは、裏を返せば、

何年経っても少しずつしか給料が上がらない

という意味にもなります。

 

サラリーマンの昇給していく姿を見ると、少し悲しくなります。

 

…あっ!

じゃあ、役職につけば手当てが貰えるんじゃないの?

 

年功序列の組織が多く、役職につきにくい

病院って基本的に組織理念が古い気がします…。

ノリが体育会系なのか、うちでは経験年数の多いセラピストがそのまま管理職、役職を担っています

もちろん、なるべくして務めている方もいますが、中にはマトモに仕事の出来ないポンコツもいます。

(すいません汚い言葉が出てしまいました。)

 

年齢層が高くなると、途中で離職する方も少なくなるため、上が詰まっていきます。

そのため、若い世代は収入の変化が少ない状況が続いてしまい、将来に不安を感じるんですね。

 

また、そんな縦社会のため、能力で評価してくれる場所が少ない事も挙げられます。

頑張っても、頑張らなくても同じ

給料云々よりも、やりがいやモチベーションに影響が出てしまいます。

 

 

以上のような理由から、

作業療法士としての自分に将来性の無さを感じてしまう若いセラピストが増えています。

年収を増やすためには?

転職サイトはいいのか?

作業療法士としてよりよい職場に転職するか、

別の職種で高収入を得るかの二択が、現状を打破する方法として選択されやすいです。

 

つまり、現職場からの転職がメインになってきますが、

よくある転職サイトに登録しておくのは良いのか気になる方も多いと思います。

 

結論から言うと、大手のサイトに登録しておく事をおすすめします。

例として、作業療法士の転職サイトを利用する事は、

  • 非公開求人などの情報を即座に受けれる。
  • エージェントへの相談で転職の流れがスムーズに行える。

 

一般に求人を公開している企業は意外と少ないので、転職サイトは利用しておく分にはメリットが強いと思います。

また、あまり色々な転職サイトを利用するよりは、大手で情報量の多いサイト一本あれば十分活用出来ると思います。

 

副業はどうなの?

ここまで、散々な言いようで物申してきましたが、実は僕は作業療法士という仕事が大好きです。

 

いや、ほんとに(笑)

 

とても魅力が多いですし、毎日なにかしら起こる仕事なので、やりがいは感じます。(給与面以外)

なので、僕は作業療法士を続けながら、収入に対しての不安を解消したいと思っています。

 

僕は現在ブログを副業として始めて、

現在少しずつ広告収入を得れるようになってきました。

実際にやってみた感想として、

副業を選択肢の1つとして考えるのはありだと思います。

 

もちろん副業にも色々な種類がありますが、

今勤めているところで作業療法士を続けていきたいと考えていれば、一度調べてみてはいかがでしょうか?

 

現在ご覧の記事が、Googleのおすすめ記事に掲載されました。

その時の結果を記事にしています。

 

僕自身の副業に関してはこちらをどうぞ。

 

作業療法士の転職に関してはこちらの記事。

 

その他の関連記事はこちら