スポンサーリンク

 

 

無印良品といえば、

一点あるだけで上品に感じられるデザイン性と

洗練された使い心地の良さ

 

 

今回は

数ある無印商品のクッションの中で

おすすめの組み合わせを紹介したいと思います。

 

 

クッションと一括りにしても

様々な素材のものがありますよね。

 

特に使った際のクッション性や肌触りは

デザイン以上に重視する人も多いと思います。

 

使用感は個人差があり

どれが一番とは言えないのが正直なところです。

 

 

先に私の好みを言っておくとすれば、

比較的柔らかいクッション性で、きめ細かい肌触りのものが好きです。

 

好みの傾向が似ている方であれば、

この無印クッションの組み合わせは、

自信を持ってオススメ出来ます。

 

 

ずばり

「羽根クッション」×「インド綿ガーゼカバー」

 

 

この2点の組み合わせが個人的に最高の組み合わせだと思います。

 

その魅力についてこれから話していきますので、

クッション選びに迷われている方は

一つの参考にしてみてください。

 

 

 

上質な触感が長く味わえる「羽根クッション」

 

まずクッションはこちら

こちらの羽クッションは
水鳥の羽を使用しています。
特徴
軽い
フワフワしているが、クッション性もしっかりしている
へたれず使用できる
質感が高い

 

 

実際に使用した感想としては

ある程度長期間使用しても、クッション性が保たれており

質感の高いクッションを使っているなと感じました。

 

 

43×43㎝のタイプが税込で1190円

55×59㎝のタイプが税込で1890円となっています。

 

若干内容しているフェザーの割合は違いますが

どちらも9割以上はフェザーが占めています。

 

店頭で確かめてみましたが、

触り心地やクッション感に、そこまで違いは感じられませんでした。

 

 

オススメする理由としては

・従来のものに比べて、フワフワ感が損なわれない

・硬すぎず柔らかすぎず、包み込んでくれるようなクッション性のため、どんな場面でも使用しやすい

 

値段に対して、上質な使用感を長く味わえるという

この二点が大きな魅力です。

 

 

滑らかな肌触りと、上品さのあるデザイン「インド綿三重ガーゼカバー」

 

 

おすすめするカバーは

「インド綿三重ガーゼカバー」です。(リンクで商品ページに移動します)

 

 

このクタッとしたデザインが

部屋を柔らかい雰囲気に仕上げてくれるので

見た目的にかなりお気に入りです。

 

灰色と少しくすんだ青色の2色がありますが

2色とも、どんな部屋のインテリアにも馴染みやすい印象です。

 

 

インド産のコットンを使用しており

特筆すべきは、そのきめ細かい肌触り。

 

顔や地肌に触れても気持ち良いと思えるのは

個人的に大きな魅力でした。

 

 

元々が柔らかい素材ですので、

洗濯を繰り返しても、見た目が損なわれません。

 

今の所、4〜5回ほど洗ってみましたが

肌触りも変わりなく使えています。

 

こちらもクッション同様サイズが二種類あり、

43×43㎝のタイプが税込で990円

55×59㎝のタイプが税込で1990円となっています。

 

 

 

スポンサーリンク

43×43㎝と55×59㎝はどちらがおすすめ?

 

 

二種類あるサイズで悩む方もおられると思いますが、

 

もたれたり、体の下に敷いたりして使うことが多ければ

55×59㎝のサイズが良いでしょう。

 

上記で使用してい写真は55×59センチのサイズになります。

ソファーとの相性はこちらの方がいいかもしれません。

 

 

膝下で抱えて使用したり、頭の下に敷いたり

子供用にと考えている人には、

43×43㎝で十分かと思います。

 

 

どちらのサイズでも、

失敗したと感じることは少ないと思いますが、

使用用途やインテリアとしての目的によって

サイズを決めてみてください。

 

 

コスパ良し、使い心地よしの組み合わせ

 

紹介した

「羽根クッション」と「インド綿ガーゼカバー」

 

この二つを組み合わせて使うことで、

質感の高い使用感と、インテリアとしての上品さを生み出すことができます。

 

 

比較的リーズナブルな値段で揃えることも出来るため、

クッション選びの候補として

ぜひ参考にしてみてください。

 

 

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事