スポンサーリンク

日本では障害者雇用が推進されているものの、障害者が働きやすい環境とは到底言えないのが現状です。

 

 

発達障害は、障害特性として他人に理解されづらいことが挙げられます。

 

周囲に理解を得られない中で働くということが、いかに苦しく辛いものであるかは想像もつきません。

 

 

この記事では、発達障害を持ちながら「働く」ということに対して悩みを抱える方に、少しでも解決の糸口になるような情報をまとめていこうと思います。

 

自分は仕事が出来ない、仕事が続かない…

と悩んでいる方はぜひ目を通してみてください。

 

 

また、同僚や部下など

自身ではなく、周囲に発達障害を抱える人がいる方にもぜひ見ていただければと思います。

 

発達障害者本人だけで解決できることは限られてきますが、

周囲の環境や人次第では、お互いにとってよりよいワークライフの道が開かれるでしょう。

 

 

障害者が仕事に満足できない時代は変わってくる

 

自分は障害者で雇用させてもらっているから、我慢して働かないとダメだ

 

時々このような謙虚な発言をされる方がいます。

 

 

今までの時代背景を鑑みると

障害者の仕事は限られた中で分け与えられるものというイメージが強いのはたしかです。

 

正直なところ、現在もいまだにそのような古臭い考えを持つ人も少なくありません。

 

 

 

しかし、これからはAIなどの発展による時代の急速な変化が起きます。(というかもう起き始めています)

 

そうなると、高学歴やマニュアル通りにこなす人間が活躍する職業が減ってきます。(マニュアル化できる仕事はAIが代替できる)

 

前ならえが正義の時代が終わると、

個性を生かす職業が発展します(クリエイター系が伸びてくる)

 

今で言えば、プログラマーやデザイナー、YouTuberなどが良い例ですね。

 

 

発達障害はさまざまな障害特性があるものの、

「人と同じようにする」 「マニュアル通りに作業を行う」

これらを苦手とすることが非常に多いです。

 

 

今まで、そのせいで仕事が出来ないと扱われていた個人が

これからは個性を生かす仕事で活躍していく可能性が高くなるのです。

 

 

(さらに詳しく知りたい方はこちらの記事もどうぞ)

 

 

仕事で上手くいかない部分を「適切に」改善する

 

仕事で失敗することや上手くいかない事は誰しも経験します。

 

一度経験した失敗などは、繰り返さないようにするのが一般的ですね。

 

しかし、発達障害による影響が強いと

同じ失敗をしてしまうことが多くみられます。

 

 

これは、通常の人がしている対策や指導では

発達障害者の方に適した解決策になり得ないことが原因です。

 

 

何回言えばわかるんだ!

 

とか言っている柔軟性の低い人間は放っておきましょう。

 

 

全てとは言いませんが、

障害特性を踏まえた対策を行うことで、仕事上の失敗を減らすことができるでしょう。

 

対策におすすめの記事やサイトはこちら

 

ネット上には様々な情報が飛び交っています。

 

その中でもぜひ目を通しておいてほしい仕事対策の記事を二つ載せておきます。

 

発達障害のある人がうまくいくための仕事術を紹介!ミスを防ぐ具体的な工夫・対策も説明します | LITALICO仕事ナビ

発達障害のある人はほかの人と比べて得意・不得意の差が大きく、仕事や人間関係などで困りごとを抱えることがあるかもしれません。この記事では、発達障害の症状・特徴とともに、どんな場面でどのような改善策があるのかを説明します。 鳥取大学 大学院 医学系研究科 臨床心理学講座 教授 応用行動分析学 公認心理師 臨床心理士自閉症スペクトラム支援士(EXPERT) LITALICO研究所 客員研究員

【発達障害と仕事】~仕事をする上での課題と対策を考える~

この認知の広がりは「発達障害者支援法」の制定前後から始まり、最近、テレビの番組で取り上げられたり、インターネットでの情報の劇的な増加は日本の「障害者権利条約」批准への流れが推し進めたと言ってもよいでしょう。 少なくとも"ちょっと変わった子"とか、"不器用な子"と言ったレッテルを貼られることは昔よりは確実に減っています。 ...

 

 

スポンサーリンク

変わる必要があるのは自分だけじゃない

 

パワハラなどのハラスメントが社会問題として大きく取り上げられるようになってから、職場環境を整える企業も増えてきています。

 

指導・教育・休暇などは、その個人に合わせて配慮されることも多くなっていますよね。

 

 

企業は、障害に対しても適切な配慮が行われることを求められるようになるでしょう。

しかし現状は、変化してきているといってもまだ整備中の最中。

 

 

発達障害を抱え、仕事に悩む多くの方は

どうしても原因を自分に求めがちです。

 

 

しかし、職場側が十分な環境を提供出来ていないことは非常に多いのです。

 

 

自分の行動を振り返り、内省することは大切です。

しかし、職場側に悩んでいることなどを相談してみることで、働きやすい環境に変わる場合もあることを知っておいてください。

 

 

職場側に自身の思いを訴えることは、勇気が必要です。

話しやすい同僚や上司がいる場合や、職場側に提案したい希望がある場合に行動してみると良いでしょう。

 

職場の配慮についてのおすすめ記事はこちら

 

発達障害者の特性と職場の配慮 | ダイヤル・サービス

今年4月に施行された障害者雇用促進法の改正による法定雇用率の引き上げに伴い、対象とする障害者の範囲が広がり、発達障害者を含む精神障害者も義務化の対象となりました。今後、職場で活躍する精神障害者の数が増えることでしょう。こうした状況を背景として、障害の特性に配慮した働き方について積極的に取り組んでいる企業も増えています。しかし、障害者それぞれの特性に、個別に対応することは容易ではありません。 ...

http://www.jee.or.jp/public/data/181019.pdf

悩みが解消されないなら、仕事をやめればいい

 

これに関しては、僕の持論なので

仕事をやめたことで何かが起きても責任は取れません。

 

あくまで一意見として参考にしてください。

 

 

 

障害者に限らず、

「仕事を辞めたいと考える人」

は数多く存在します。

 

最近では、転職をすることも特別では無くなってきているように

人々の働き方も多様化しています。

 

 

昔は障害者の方が働ける範囲が狭かったこともあり、

仕事を選ぶほどの余裕がありませんでした。

 

 

しかし前述したように、

障害者の方でも活躍できる市場が出来上がりつつあることや、障害者の方専用の転職サイトが出来たりと、働き方や職場の選択肢が増えてきています。

 

 

自分や周囲の変化を望むことが難しい状況は、どうしても存在します。

 

今の職場が合わないと感じているなら、

個人的にはさっさと辞めてみるのも一つの手段かなと思います。

 

 

転職や就労におすすめのサイトはこちら

 

転職サイトはこちら

障害者の就職・転職なら【dodaチャレンジ】


障がい者のための無料職業紹介サービス【エージェント・サーナ】

就労サポートはこちら

障がいのある方の「働きたい」を支援します!就労移行支援のMelk

企業面談会の案内はこちら

主要5都市(東京・名古屋・大阪・広島・福岡)で開催!
障がい者のための合同企業面談会【サ~ナ就職フェスタ】

 

考え方の幅を広げる、心を休める

 

悩むこと自体、正直したくないのも本音です。

 

 

仕事に悩む中で、適応出来ない自分へのストレスや、職場に対しての不満などが挙げられます。

 

 

もちろん、現状を打破することが解決の一番の近道です。

 

しかし、すぐに行動を起こすことが難しい方でも

少しの生活の意識の変化で、気持ちが軽くなることもあります。

 

 

  • 悩んでしまう考え方から脱却する
  • 気持ちが軽くなることをする

 

この二つができるだけで、気分的に楽に過ごすことが出来ます。

 

 

本を読もう

 

先ほどの二つをまとめて行うなら、読書がおすすめです。

 

 

1日のうちの少しの時間を読書に費やしてみてください。




 

この辺りが個人的にはおすすめです。

 

気持ちを前向きに、楽にする書籍はたくさんあります。

時間があれば、書店に足を運んでみるのもよいでしょう。

 

まとめ

仕事で悩むことは誰しも起こり得る「当たり前の出来事」です。

 

しかし発達障害などを抱える方は、周囲の理解が得られにくかったり、解決策が見つからなかったりと、悩みを解消することが難しいのだと感じます。

 

この記事をみた人が、自分を責めすぎず、少しでも悩みを解消する手がかりになれば幸いです。

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事