スポンサーリンク

f:id:sisitohdc:20181125211551j:image

ゲストハウスは皆さんご存知かと思います。

ここ最近、国内のゲストハウスが増えてきています。

ゲストハウスは、外国人客や一人旅の方、バックパッカーなどの宿泊場所として利用されることが多く、様々な特色があるリーズナブルな宿です。

ですがその反面、普通のホテルなどと違い、施設環境の特異性や独自のルールがあったりと、初めての方は戸惑う部分も多いと思います。

今回、初めてゲストハウスに泊まる予定の方に、チェックしておくといいポイントをご紹介します。

 

①コンセプト

まず、一番最初に確認した方が良いのは、そのゲストハウスのコンセプトは何なのかという事です。

前述したように、ゲストハウスはそのオーナー達の想いによって様々な特色、特徴を持っています。

・落ち着いた時間を過ごせるような雰囲気で、プライベートスペースに配慮している場所。

・宿泊客同士が交流出来るように、バーの併設やイベントを開催している場所。

極端な二つの例ですが、このような宿自体の様式を知っておかなければ、自分が想像していたものと乖離が生じてしまい後悔することも考えられます。

ゲストハウスの多くは、自身のHPを持っています

しっかり作り込んでいるHPも多く、宿のコンセプト、雰囲気が分かりやすいかと思います。

また、口コミが気になる方は、宿泊予約サイトも同時に確認してみると良いでしょう。

②部屋の概要

ゲストハウスは、ドミトリーという他の宿泊客との相部屋が殆どです。

ゲストハウスならではの特徴と言え、

宿泊客と仲良くなれる可能性がある反面、他者と空間を共有するため、プライベートな時間を過ごしたい方にはデメリットとなる場合もありす。

特に女性の方は、不安な方もいると思います。

そのような方は、女性専用のドミトリーや、シャワースペースなどあるゲストハウスも多いので、そちらを利用すると良いでしょう。

予約する際には、

・ドミトリーは男女共有or女性専用

・個室、カップル専用部屋の有無

・収容人数

のあたりは確認しておく事をおすすめします。

③アクセス

ゲストハウスの利用客層から、基本的には公共交通機関でのアクセスが可能な場所が多いのもメリットの一つですね。

ですが、場所によっては駅から結構歩く所もあります。

公共交通機関で行く場合は、徒歩でかかる時間を確認しておきましょう。

自家用車やレンタカーでの移動の際には、駐車場の有無は確認しておきましょう。

宿周辺の観光を楽しんでもらうために、レンタサイクルがある場所もあります。

④施設設備

優先的に確認しておくと良いのは、

・シャワースペース

・アメニティ

シャワースペースは、もし分かれば何室あるか確認しておくといいでしょう。

共有する事が殆どで、時間帯によっては混むので注意が必要です。

アメニティは無い場所も多く、用意してなくて現地調達なんていう予期せぬ出費にならないよう、確実に把握しておきましょう。

その他では、

・Wi-Fi

・冷蔵庫、電子レンジ

・洗濯機

・キッチン

・共有インターネットPC

・貴重品ロッカー

なども、あると便利です。

キッチンは、朝ごはんを自分で作る方もいますし、仲良くなった宿泊客同士で料理をしたりと、意外と利用されています。

まとめ

f:id:sisitohdc:20181129195107j:image

いかがでしたでしょうか?

「ゲストハウスに泊まってみたいけど、不安がある。」

という人は、僕の周りにもいます。

ですが、事前の準備が出来ていれば、

快適かつ、ゲストハウスならではの有意義な時間を過ごせることでしょう。

ゲストハウスに泊まる事を考えている方は、是非参考にして頂ければ幸いです。

合わせて読んで頂ければ。

スポンサーリンク
おすすめの記事