スポンサーリンク

有馬温泉の温泉街は、古き良き老舗から、目新しいカフェやバーなどが立ち並んでいます。

新しい店舗は、お洒落な外観のものが多いので、温泉街の景観を損ねる事に繋がっていません。

今回は、その中でもオススメしたい一つの古民家カフェをご紹介したいと思います。

茶房 堂加亭とは

f:id:sisitohdc:20181225062803j:image

有馬温泉観光協会公式サイトより引用

堂加亭は、古民家を改築した昭和初期の様相を呈したカフェで、2012年にオープンしました。

有馬温泉の中心街である、“湯本坂”に店舗を構えており、観光客でもすぐに見つけることが出来ます。

ランチも食べる事が出来、お昼時にはお客さんで一杯になることも少なくありません。

店舗情報

住 所 : 〒651-1401
兵庫県神戸市北区有馬町1176
電話番号 : 078-904-0105
FAX番号 : 078-904-0105
10:30 - 17:30 (L.O. 17:00)
木・金曜定休

落ち着いた空間で、ひと息つこう

温泉街自体は、十分歩いて回れる程度の広さですが、お土産などを買いながらだと、足も程よく疲れてきます。

足湯があるので、そちらで休むのもおすすめですが、この堂加亭に立ち寄るのも一つの案です。

f:id:sisitohdc:20181226121042j:image

店内は明るすぎず、暖寒色の照明が落ち着いた空間を演出してくれています。

f:id:sisitohdc:20181226121103j:image

全体的にモダンな雰囲気ですね。

ポルトガルベースのお洒落な絶品メニュー

f:id:sisitohdc:20181226140746j:imagef:id:sisitohdc:20181226140752j:image

ポルトガルで修行を積んだ店主が、こだわって作っているメニュー。味はポルトガルの素朴な美味しさがベースになっています。

料理だけでなく、プレートも華やかでつい食べる事を惜しんでしまいます。

f:id:sisitohdc:20181226173622j:imagef:id:sisitohdc:20181226173633j:image

また、小腹を満たしたい時はサンドイッチもおすすめです。厳選された具材もですが、パン自体がカリッとモチッとしていて美味しさがMaxになります。

店内を華やかにするガラス作品

f:id:sisitohdc:20181226214809j:image

店主の方は、実はガラス作品を創る作家さんでもあります。店内の花瓶やお皿などは、自ら作って使用されているようです。

f:id:sisitohdc:20181226215015j:imagef:id:sisitohdc:20181226215020j:image

一角に、購入出来るガラス作品がありますので、立ち寄った際は見逃さないように。

まとめ

有馬温泉に行ったら、温泉街を巡るのはつきものです。

様々なお店がありますが、ちょっと立ち寄ってみたくなるカフェの一つ、堂加亭はいかがでしたでしょうか?

是非参考にしていただければ幸いです。

公式サイトはこちら

https://arima-sengen.wixsite.com/douka-tei-jp

※無記載の引用画像は、全て公式Instagramより引用

スポンサーリンク
おすすめの記事