スポンサーリンク

f:id:sisitohdc:20181214055751j:image

『天気の子』ポスタービジュアル - (C)2019「天気の子」製作委員会

 

新海誠監督作品『君の名は』は、2016年に公開され、一世を風靡する大ヒット作になりました。

累計興行収入は250億円を超え、邦画興行収入歴代2位という歴史に残ってから早3年。

ついに、最新作『天気の子』の公開が、2019年7月19日に決定しました。

 

目次

 

『天気の子』あらすじ

“天候の調和が狂っていく時代。

運命に翻弄される少年と少女が、自らの生き方を「選択」する物語。東京にやってきた家出少年・森嶋帆高が出会った不思議な力を持つ少女・天野陽菜。ふたりの恋の物語は、美しく、切なく、新たな時代を迎えるあらゆる世代、そして全世界へのメッセージとして描かれる。”

 

声優には18歳の醍醐虎汰朗、17歳の森七菜という若手俳優が、約2,000人が参加したオーディションの中を勝ち抜き抜擢された。

 

『君の名は』に着想を得た今作の魅力

 『君の名は。』の経験から着想を得たという新海監督。

「すごくプロモーションが大変だったんです。夏で暑くて、2016年は消耗する夏でした。そんな時に空を眺めていると、大きな積乱雲があって。積乱雲の上にある平原でゆっくりできたらいいなと思いました。それがビジュアル的なきっかけで、空の話にしようと思いました」。

 「そして、街を歩いていて『君の名は。』のことを話題にしてくださっている人たちを見て、今度の映画のテーマは誰もが自分のことと考えられるようなテーマにしたいと思いました。それは天気なんじゃないかと。天気というのは誰もが毎日気にしている関心事だと思うので」

製作発表会見より引用

作品自体に関して、新海監督は「笑えるし泣けるし、ワクワクする。とにかく面白かったと言ってもらえる映画を目指しています」、川村元気プロデューサーは「前作があまりに大きい成功だったので、改めて新しいチャレンジ」と話していた。

今作も、前作に続き若い二人のの物語。

『君の名は』の大ヒットの重圧の中、新海監督からは「凄い」という言葉が。

2017年の春から製作が始まっており、長い月日をかけての今作品。

一体どのような進化を遂げて、私達の前に現れてくれるのか楽しみです。

 

音楽・主題歌は未定

『君の名は』では、RADWIMPSが楽曲を務めていました。

今作では、まだ音楽に関しては決定しておらず、今後発表される予定です。

前作の大ヒットの要因の1つは、その映像と音楽の同調した爽快感

今作でも期待が持てるポイントですね。

 

キャラデザは『君の名は』の田中将賀が担当

前作ファンにとっては朗報ですね。

作画監督はスタジオジブリの作品に多く携わり「猫の恩返し」「機動戦士ガンダム THE ORIGIN」などに関わった田村篤が担当

美術監督に新海監督の作品「言の葉の庭」の滝口比呂志が担当する事が決定しています。

 

 

劇場アニメ「天気の子」

2019年7月19日(金)全国東宝系公開

スタッフ

原作・脚本・監督:新海誠
キャラクターデザイン:田中将賀
作画監督:田村篤
美術監督:滝口比呂志
制作:コミックス・ウェーブ・フィルム

キャスト

森嶋帆高:醍醐虎汰朗
天野陽菜:森七菜

(c)2019「天気の子」製作委員会

 

  

 

 

スポンサーリンク
おすすめの記事